スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇都宮お散歩トレーニングに参加しました!2015.3.26

今日はチャーリードッグスクールの宇都宮お散歩トレーニングに参加しました。
暑くもなく寒くもなくとっても良いお天気でした!


散トレ


先生はチャーリーママさんです。
ブログ:私は社会化のドッグトレーナー
   :続編・私は社会化のドッグトレーナー

そして今日の参加者さんは8組。
ひなたくんご一家、ノエルくん&のえママさん、ギゼラちゃん&ギゼラママさん、りき丸くん&りき丸ママさん、ジジくん・コタロ〜くん&ジ〜コタ母さん、小次朗くん&コジママさん、見学でカエデさん、ハク&私

全員がチャーリードッグスクールのアドバイザーコースとインストラクターコースの受講生ということで、すごい希有なことですよねぇ。
どなたのデモをお聞きしても勉強になります。(私はもっとしっかりした方がいいぞ^^;)

今回は、人間同士は会ってるけどワンコさん連れでは数年ぶり?という方が多かったのだけど、お久しぶりのワンコさんたちがとても成長されたというか、自信を持って立っている様子を見ることができて、すごいなぁ素晴らしいなぁと思っていました。

そしてやっぱり散トレの肯定感あふれる空気ってちゃーんと流れるものなのですね。

本当にだれも大声で叱ったりしません。
リードショックをする人もいません。
叱らずに、制御して、感情をなだめて。
時にはふつうのトレーニングでは問題と思われるような行動だって笑い飛ばしてスルーしてもらえる。
犬たちは「あれ?」って顔しますね(笑)
それって問題行動に対処するときに大事なユーモアだと思うな。

ちなみにハクもバフ!って言ってピョンピョン跳ねたりしてましたが、みんなにシラーっとスルーされておりました。
みなさんありがとうございました。

自己紹介のあと、少し歩いて、基礎トレ。
名前を呼んでおやつのデモは全員!
説明付きですよ〜

散トレ
散トレ
散トレ
散トレ
散トレ
散トレ
散トレ

先生からの補足で、名前を呼んでおやつは「ポジティブな古典的条件づけ」です、と。
わざわざポジティブと付けるのはネガティブなものもあるわけですね〜。
犬にとって世の中が好子で一杯の方が生きやすいですから、どんどんポジティブな古典的条件づけをして良いものを増やしてあげたいですね。

私もいつもハクにとっての好子が増えるように、落ち着きの合図となるものを作れるように、生活の中で工夫しています。
今日もすごい効果があるのを実感しましたですよ!
うちにいて、ハクが眠るときに、フ〜と大きく息をして体の力を抜きますね。
その時に私も一緒に大きく息を吐いて対提示していました。
今日はハクがちょっと気持ちがザワザワしているっぽい時、休もうかどうしようか迷っているっていうか、休みたいけどどうしたら休めるのか分からない、みたいな時に、私が大きく「フ〜〜」と息を吐いたら、伏せて横になりました。

他にも、私が目線でカーミングシグナルを送るとちゃんと通じてリラックスできていたし、私たちの間でのチャンネルが開通してきていることを感じます!
(でも私が慌てたり変な行動をしているとそれにもちゃんと応えてくれるハクちゃん^^;)

ただカーミングシグナルは条件づけしなくても犬がもともと持っている好子というか、落ち着きをもたらすものでしょうから、私が犬の世界に仲間入りさせてもらっているんでしょうね。
この辺、すごく深い話で、私もよく理解できていませんが、そうなんだろうなぁって思います。

散トレ

最後にマグネットを全員デモ。
先生からはおやつの持ち方(指は閉じる)やワンコさんの動かし方(落ち着かせたいときはゆっくり、気持ちを上げたいときは速めに)、ワンコさんの姿勢(頭は地面と平行なのが自然)、人の手の出し方(下からの方が怖くない)などを教えていただきました。

私は小型犬仕様でやってみました!
手を下げて、足を開いて重心を下げて。
おかしな格好だったと思うけど真面目にやってます(爆)

そしてハンドラーの基礎的な動きやリード使いなどは大型犬でも小型犬でも同じとうかがって、他のワンコさんのリードを持たせていただいたりもできたので、すごく勉強になりました。
ワンコさんたち、ご協力ありがとうございました<(_ _)>


散トレ
散トレ


犬のことを勉強してきて、犬たちがどんなに豊かな世界を持っていて、感情や認知能力もかなり人間と共通する部分が多いことを知るようになりました。
だんだんと、人が犬に何かを教えるよりも、犬の世界に人が近づくことが問題に対処する近道なんじゃないかなと感じています。
今どんな気持ちなのかな?何を考えてるのかな?
犬はボディランゲージや行動で教えてくれているし、それに応えられる私でいたいな。
それを土台に折り合いをつけていくことが一緒に生活するってことじゃないかな。
その時に、痛みを与える方法や、心を傷つける方法は、出る幕は無し!ではないでしょうか。
犬からの信頼を得ることと両立しませんよね。


散トレ、実は毎回とても緊張して参加している私です。
でもその場に立つとみなさんの温かさに支えられて笑顔になれます。
散トレの場は私にとっても好子がいっぱいなんだなぁ。
お菓子もいっぱいだし(笑)
生きてるんだもん、やっぱり食べるのは楽しいしそれが健全ですよ。

ご一緒したみなさん、チャーリーママさん、ありがとうございました!
また今度もどうぞよろしくお願いします。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。