スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいぶ放置してしまった(^^;)

こんなに毎日仕事に行って、休みは歯医者に行って、風邪も治んないし、なんだか落ち着かない冬となっております。

最近のハクは、もうすぐ8歳ということもあり、5歳の頃の活動量よりだいぶ穏やかな毎日です。
散歩も前は走りながらの1時間半を朝夕行く感じだったけど、今は歩いて1時間前後。
数日に一回、走りまくりで5〜6キロかな?行きたがる、って感じ。
たまに脚が良くなさそうな歩き方をするので、無理しない程度に、ハクの自由にしています。

抜け毛期全盛でボロモウフのハク。
まだまだ寒いので、あんまり抜かないようにしている(笑)

ハク


ちょこちょこFacebookに気がついたこととか書きためているのでそれをこちらにも載せておこうかな。
要するに、手抜きの更新です(爆)
(個人名とか許可を取ってないリンクとかは外しました。)




今日ハクとお散歩してて、ちょっと面白いことに気がついた。
ハクはお庭につながれているワンコさんとか、柵の向こうとか、家の中のワンコさんとかから吠えられると、一瞬止まって相手を確認して、その後私を見てニッコ〜〜〜って笑います。
吠えられたら私を見て楽しいことを起こそう♪と私をトレーニングしている(笑)
でも相手のワンコさんが飼い主さんとお散歩中だったり、自由散歩中(オフリード)だったりすると、ぜんぜん違うカーミングシグナルで対処しているみたいです。
で、思ったのは、ハクは相手のワンコが自分に近づけないのを知っているな!?ということ。
いや、ハクが他の場面でもリードが付いているが故に他のワンコさんにちょっかいを出すのは知っていたけど、いろいろ面白いことやってるんだなぁって。
(追記、つまり吠えられても冷静に状況を考える余裕があるってことです。)
人間の感覚だと、吠えた、吠えられた、攻撃性だ、ストレスだ、刺激が強すぎる、とかとかとか・・・
色々言われちゃうけど、たぶん、犬同士そんなヤワじゃないですよね。
それ以上に、人間の過剰な心配と、自分の不安を解消するための介入が、事態を複雑にしてしまっている気がします。




今日のチャーリーママさんの記事で、社会化の扉は閉じずにいつまでも社会化が可能、というお話があって、すごくつながった感じなのでメモしておく!
私もハクがうちに来たのは一歳くらいだけど、初めから今まで一度も社会化の扉が閉じている感じを受けたことが無い。
っていうか、ハクって一生社会化期みたいな、特別な犬なのかな?って思っていました。和犬のはずだけど、なんか定説と違うなぁ、でももともとキャパシティが大きいからなのかなぁ、とか。
それで、今じっくり読んでる「動物が幸せを感じるとき」に犬はオオカミの幼形成熟で、オオカミのもつ「攻撃」や「服従」などの行動失っている、という話が出てきます。
というのは、オオカミの子は最初に攻撃の行動を発達させ、その後で服従の行動を発達させる。ところが犬は服従の行動をすべて身につける前に成長が止まってしまう、とあります。
で、何がつながったのかというと、犬は成犬になっても「成長が止まって」いて子どものままだから、明確な社会化の臨界期はないんじゃないかな〜ということ。
あくまでも私が思ったことですけどね。
でもとにかく犬の柔軟性ってすごいですもんね。




犬を追い払う行動をする場合、その子にとってその行動が落ち着きを導くものになっている。
しかし、本当に求めているのは追い払う行動ではなくて「落ち着くこと」。
だから感情をなだめるというのは、その時に必要なものを与えて落ち着かせること。
必要な物とは何か?
元になる情動が「恐怖」だったら、犬の場合は距離を取ること?
じゃあ「不安」だったら・・・保定とか?
「パニック」だったら・・・社会欲を満たす?
「探索」だったら・・・嗅覚を使う?
「怒り」だったら・・・なんだろう?
元になる情動を見極めて、必要な物を与え満たし、落ち着きをもたらす。
ものすごく深いテーマだとだんだん気がつき始めました。。。




今日の話題3つ(^o^)

歯医者の前に本屋に寄ってウロウロしていたらこの本を見つけて買ってきた♪

インコにモテモテ 言葉と気持ちまるわかりブックインコにモテモテ 言葉と気持ちまるわかりブック
(2014/11/17)
石綿 美香

商品詳細を見る

うちのニワトリさんのボディーランゲージや健康管理がわからないので、世話係は私じゃないけど、何とかして知りたいという気持ちで。ニワトリとインコはちょっと違うかもしれないけど、おもしろそうです。本の冒頭に「インコに好かれる」って言葉が出てきていい本♡って思った。

二つ目、今朝起きたら寝る前に閉めたはずの部屋のドアが開いていました。閉め忘れたかな?って思ったけど、ま、気にしなかった。
その後、また寒いので閉めていたら、おトイレに行こうと立ち上がったハクが、鼻で押して開けた!今朝までは開けられなくて、私が起きて開けてあげていたのです。ドアの下にコードが挟まってるので軽く押せば開くんだけど、ハクは自分で開けようなんて思ってもいなかったはず。
で、スゴいなって思うのは、昨日か一昨日の夜に、ハクがトイレに行こうとしていたので、私はコタツから這って出て、眠くてしょうがなかったので頭でドアを押して開けてあげた。
その時に私の横に立っていたハクが「ピカッ!」としたっぽい気配を感じた。(このピカッと感は言葉では表現できない・笑。でもホントにその時はそう思った。)
どうやら私が頭で開けたので、自分もできるじゃん!って気がついたみたいだ。
今度は閉めるのも自分でやってくれないかな(^_-)

三つ目、年末に散トレのお友達と話していたときにクリッカーの話題になって、それ以来クリッカーを生活の中にどんなふうに位置づけたらいいのかなぁって考えていた。
私はシェイピングが下手で、ハクとシェイピングのゲームしてても何にも楽しくなかったのです。もちろん勉強不足なんだけど。
でも最近、一番初めはキャプチャリングでいいんだって知って、すごく腑に落ちた。つまり、それが心地よいと条件づけられれば、その過程を逐一シェイピングする必要は無くて、犬自身で心地よさに向かう、という発想。
今考えていることは、やっぱり犬との生活の基盤となるものは古典的条件づけ。私たちは犬にとって安心して暮らせる人間だろうか?ということ。そして飼い主が社会化の担い手になって、外の環境にも開かれてゆく。
クリッカーで遊ぶのはその後でいいかなって思います。っていうか、嫌いな人にクリッカー鳴らされても嬉しくないのではないだろうか。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。