スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だからやっぱり叱らずに育てたい。

昨日気がついたこと。

夕方の散歩はハク、私、ばあちゃんと3人で行くことが多いので、たまにハクのリードをばあちゃんに持ってもらうことがあります。
その時、ハクと私の間にばあちゃんが入る位置になると必ずハクは私の側に移動してくるのです。
ハク、ばあちゃん、私の順に並ぶと、ハクはスーっと私の方へ移動。
何回やってみても、移動。
おやつをもらいに来てるんじゃないのは様子を見ればわかります。

これって、ハクにとって私が「ついていきたい人」になれてるのかも♪

これまで、噛んでも吠えても突進しても叱らないでやってきていること、罰を与えないこと、丁寧に接すること、すべてが合わさってこうなったのかな。
安心できる存在だから側にいたい、ハクが私をそう思ってくれてるのかもしれない。

ハクの一生を見据えたとき、ハクが困難と対峙したらサポートできる自分でありたいのです。
それにはハクが私を信頼してくれるということが出発点。
そのためのトレーニングだと思って取り組んでいます。
だから、この出来事がハクといい関係が築けている証拠のように感じられて、うれしくてつい記事に書いてしまいました。
私がリーダーだぞ!って示しをつけるんじゃなくて、ハクにリーダーとして選ばれた。
あ、そう考えると身が引き締まる思いですね(^_^)v

ほんとにハクって、一般的に言われる「いい子」ではないけど、私にとっては最高のいい子だなぁ。

ハク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://boromoufu.blog52.fc2.com/tb.php/471-78d223ed
該当の記事は見つかりませんでした。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。