スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロウソクの灯りでも本は読める

昨日は夜の停電でした。

最近はテレビも観たくないし、ガソリンが無くてあまり外出もできないし、昔読んだ本をまた取り出してきて読んだりしています。
その中でも、心が惹かれてずっと手元に置いてきた本があります。
読んだことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

よその子―見放された子どもたちの物語よその子―見放された子どもたちの物語
(1997/05)
トリイ・L. ヘイデン

商品詳細を見る


一人の補助教員と様々な問題を抱える子ども達の関わり、のお話です。

現在の日本風に言うところの特別支援教育がテーマです。

わたしがこの本を初めて読んだのはいつのことだったんだろう?
中学生だったかな?

何度読んでも飽きることがないんです。
わたしの原点になっています。
この作者のこのシリーズの本はすべて持っていて、どれもわたしの興味が凝縮されて描かれているのです。

本のくわしい内容はそれぞれに読んで頂くとして、
この本をハクのブログで紹介するのは、これを読んだことで培われたわたしの根底に流れているものが、ハクを理解するのにとても助けになっていると思っているからです。

本に登場するさまざまな問題を抱えた子ども達・・・脳の後天的な損傷による読み書きの障害だったり、生まれ持った生きにくさだったり、混沌とした養育環境から情緒的な問題を抱えるようになった子など。

共通するところがあるんです、ハクと。
自分で対応できる以上のことに直面すると感情が爆発したり、攻撃的になったり。

犬の問題行動に悩む人はどうしてもその問題に注目してしまって、行動の裏側の感情に思いをめぐらすことは難しいですよね。
わたしはそうです。
噛まれると痛いし、イラッとしてハクを憎々しいと思う感情が湧きます。

でも、攻撃とか突進とか、やたらにケンカをふっかけるとか、この本を読んでいるとそういう問題行動のキーワードになるのは「自信のなさ」なんだな、ということがすんなりと理解できます。

また、世の中における生きにくさや困難さの中には、器質的なものが原因で、本人のやる気とかだけではどうにもならないものもあるんですよね。
例えば上に書いた脳損傷で読み書き障害になった子とか。

ハクにはそういう点で、何かあるかも、と思っている部分も、わずかにあります。
いや、これはわたしの飼い主力不足のためにハクがそういう行動に至ってしまうだけかもしれないけれど。

それと、これは、いま再読してみてあらためて気がついたことですが、主人公のトリイ先生は、感情の爆発で制御不能になった男の子にホールドラッピング(落ち着けるための一時的な身体拘束)をしてるんですよ。
正直、初めてこの本を読んだときには「そんなこと、ひどいんじゃない?」って思った記憶があります。なにか罰を与えているような印象がありましたね。
でも今は、そうか!という発見と共に読みました。
ハクと暮らさなかったら、何気なく読み過ごしてしまったでしょう。

本の内容とは離れますが、わたしが学生の時、軽度の発達障害のある子どもに勉強を教えるボランティアをしていました。
そこで子ども達が取り組んでいたのは、勉強のスキルのトレーニングと、社会性のスキルのトレーニングでした。
そのトレーニングセンターに行った初日、最初に言われたことは、「ニュートラルな『開始』って、どういうことかわかりますか?」。

わからなくて、うかがうと、「笑顔でもなく、怒り顔でもなく、平静な状態で接する、ということ。例えばこちらが笑顔で元気に挨拶したりしてしまうと、子どもはそれにつられて、勉強できる状態になかなか入れない。」という趣旨のお話をしてくださいました。

・・・ニュートラル。
犬と接するときの態度に通ずる部分があると思います。
犬の前では黄色い声は出さない、ばたばたした動きをしない、穏やかに、さり気なく、相手からの働きかけを待つ。

さらに、「勉強できる精神状態にない子には、無理にレベルの高い勉強をやらせない。その子ができる範囲のことをさせて、成功体験を積ませて、自己効力感、自尊感情を持ち直してもらう。」というスタンスでした。

どうでしょうか、自信をなくしてしまった犬に対する時と似ていますね。

もちろん人間と犬は違いますから、なんでも同じように考えるのは早計ですけど、わたしの中での気持ちの持ち方は共通しているものがあるということです(^^)

あ!あと、このセンターで、否定の言葉や叱り声、さらに激しい感情の入った声は一度も聞いたことがありませんでした。

とても良い勉強をさせて頂いたなぁと思います。仕事には活かされなかったけど^^;

そんなわけで、もし興味があれば本読んでみてください~文庫で出てます。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://boromoufu.blog52.fc2.com/tb.php/313-9226b53d
該当の記事は見つかりませんでした。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。