スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくらこいた

もう一昨日の話ですが、首輪抜けした犬に咬まれそうになってしまいました。


その日の朝、お散歩でよく見かける小型(ていっても柴くらい)のワンコに出会いました。

ハクはそのコがどうしても苦手で、興奮マックスになってしまう3頭のうちの1頭です。

その距離、50m。

ハクもそのワンコの存在に気づいたので、突進しようとするハクを止めてあちらが行きすぎるのを待つことに。

で、そのワンコは飼い主さんと一緒に右に曲がってトンネルの中に入っていきました。

ホ、よかった避けてくれて、と思ったわたし。

ちょっとその場で待機して、さて、もう遠くに行っただろうからわたしたちも行こうかしら、

とトンネルの前を通ったら、トンネルのあちら側にそのワンコと飼い主さんがいたんです( ̄□ ̄;)


ここでハクの興奮100%!

ギャウンギャウン&大突進&リード噛み!

ハーネスを掴んで何とかその場にとどまり、小型ワンコが去ってくれることを待っていました。


しかし、なぜか?去ってくれず、その場で「飛べ」とかと命令している声が聞こえてきて…

その小型ワンコも興奮状態でワンワン吠えながら突進しようとしています。

そして、何かのはずみでその小型ワンコの首輪が抜けてしまい、わたしたちの方へ猛ダッシュしてきました。

一瞬にしてこっちに来た小型ワンコはグヮウグヮウと唸りながら歯を向けてくる。

このままじゃハクが咬まれる!
(もしくはハクが咬んでしまう…)

わたしはハクの上半身をホールドして持ち上げました。

わたしの足と腕でお互い咬み合わないように防御しながら。

防御すること数秒間、小型ワンコの飼い主さんが駆けてきてそのワンコを抱っこして走り去っていきました。


そして、どちらも咬まれずに済みました。


ハクはそのワンコが去ったら妙に落ち着いちゃって、何事もなかったような顔をしていました。

わたしはもう手が震えて…。

放心状態でした。

でも、よく考えるとハクも相手のワンコも本気で攻撃しようとはしていませんでした。

結局ケガはしていなかったし。

わたしの腕を見たらヨダレがついていましたが、歯を当てただけで強くは咬んでいませんでした。


このあとしばらく「何が悪かったんだろう」とか、考えてしまいましたが、小型ワンコが首輪抜けした以外はいつもと変わらない(ハクが興奮するのはいつものことだから)で、これは不運な事故だった、というところに落ち着きました。

事故だったんだと思えば、これからも怖がらずに散歩に行けます!

こういう事もあるっていうことで、経験値を積みました。


まぁとにかく、ハクがハーネス抜けして突進したんじゃなくってよかった、です。


ハクも相手によっては落ち着いて一緒にいられるんだけどね
ハク
画面の真ん中に黒ラブ レオンちゃんがいます

-4 Comments

ごうのお母さん says..."よかったなぁ"
べっくらこいたようだけど、私もぶったまげたよ。
何事もなくてよかったね。
ワンコも気が合う子そうじゃない子がいて、そうじゃない子と会うと大変なんですね。
ハク母さん、よく頑張ってハクちゃんの上半身を抱え上げましたね。何事もなくてよかったです。うん。

自分ちの犬がやられるのもイヤダし、やってしまうのもイヤ。
何事もなく犬との生活を送りたいですよね。ヨカッタ、よかった。
そして、それを「不運な事故だった」と受け止めることができて良かったよね。ここで、色々考えすぎてしまうと、ハク母さんが言うように次からの散歩が怖くなってしまいますよね。ハクちゃんのお楽しみ散歩が楽しくなくなってしまっちゃ残念だもんね。

飼い主としてできる十分な配慮をしながら、自分の身の丈にあった生活を送りたい。そう、思わせてもらった記事でした。
私も、背伸びせずに楽しみます♪

最近のごうは、男全開!!
男子犬とは一定の距離を開けるようになりました。
「おぉ・・・ 今日はこれ以上、あの兄ちゃんのところに近寄らんほうがよさそうバイ」と判断したらそそくさと方向を変えてしまいます。今はそれに付き合っています。
2009.11.08 23:49 | URL | #TQJJvfrU [edit]
はなのおかぁちゃん says..."私も"
読んでる私もびっくらこいた!
小さい仔でも、突進されると焦るよね。
私はそれで、転んだ口です。
とほほ。

でも、何事もなくて良かったわぁ。
ハクちゃんもハク母さんもがんばった♪

レオ君一緒にいても平気なんだね。
はなが行っても、ハクちゃん許してくれるかな?
2009.11.09 19:54 | URL | #- [edit]
ハク母 says..."♪ごうのお母さん"
いやもう、本当にあのときはもうダメかと思いましたよ。
どっちかが負傷する!と。
でも大変なことにならなくてよかった~。

犬同士のけんかに人が手を出すと咬まれる、って聞いたことがあって、
わたしが手を出したら余計に収まらなくなるかも、と思いながらも、
とっさにハクを持ち上げて顔と首をガードしていました。

ごうちゃんは男全開ですかー!
でもそこで距離をおけるごうちゃんは紳士ですね。
ハクにもその落ち着きを分けて!
2009.11.09 22:01 | URL | #- [edit]
ハク母 says..."♪はなのおかぁちゃん"
あれ!?おかぁちゃんにもお返事書いたはずなのに消えてる!
ごめんなさい~^^;

そうなんです、びっくらこいたんです。
咬むならハクじゃなくてわたしを咬んで!
と思ってガードしました。
でも威嚇だけだったみたいで、よかったです。
おかぁちゃんが転んだのは足から血を抜いたっていう事件のことですか?
もはや百戦錬磨って感じですね(笑)

ハクは挨拶さえ済ませちゃえば、すぐに素っ気ない態度になって
絡んでいったりしないから、はなちゃんとも仲良くなれると思う~♪
2009.11.11 09:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://boromoufu.blog52.fc2.com/tb.php/202-10b8f31b
該当の記事は見つかりませんでした。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。