スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう

先日、Panくん&Panさんの「家の子記念日」のプレゼント企画に当選しまして、こちらの品々を頂きました!

ハク

Panくん&Panさん、ありがとうございました~!!


そして、さっそく本を読ませて頂いて、
やはり心にずしーんときました。

田辺アンニイ著 「それでも人を愛する犬」 講談社

著者は不遇な犬猫を保護して新しい家族を探す活動を、個人でなさっている方です。
本の内容は、虐待されたり放浪していたりする犬猫との出会いから里親の元へゆくまでの様子が書かれています。

土手でホームレスに虐待されながら生きる犬、玄関先に横たわることもできないほど短いロープでつながれて飼われている犬…。

読んでいて思ったのは、アンニイさんは、強い。
なぜなら、そんな辛い状況の犬猫と目をそらさずに向き合っているから。
そして、犬猫との関わりよりももっと難しいのは飼い主との関係のようです。
土手の犬たちにフードとフィラリア予防薬を届けて、それを飼い主に目の前で捨てられても通い続けるアンニイさん…。
たいていの人はそんなことされたらもう行けなくなっちゃうじゃないかな。
それでも活動し続けられるのは、犬たちへの深い愛情が根底にあるからだと思います。
きっと愛に裏付けられた強さなんですね。

そして、無事に保護にいたり里親の元で暮らし始める犬猫たち。
ワンコ専用ソファーで眠り、新しい飼い主さんと穏やかな毎日を過ごしている、というくだりでは、わたしもとてもあたたかい気持ちになりました。

このように、本の中にはたくさんの犬猫とのエピソードが書かれているんですが、なかでもわたしが気になったのは「約束の犬-リュウ」。
このワンコは土手で生まれずっとホームレスの元にいたんですが、ある時ホームレスのテントが火事にあって近くに繋留されていたリュウくんは背中をやけどしつつも生き延びた…ということが書かれていました。
それを読んだとき「ん?この話聞いたことある…」と思ったんです。
そうです、わたしいつでも里親募集中という、犬猫の里親募集掲示板を毎日チェックしていて、このリュウくんこのとをリアルタイムに見ていたんです。
その掲示板を見ていたときには、学生の一人暮らしで、実家に帰ったら絶対にまた犬を飼う!と意気込んでいたときでした。

あのコがこのリュウくんなんだ!

わたしは掲示板を見ていたときには想像もつかなかった経緯があって、里親募集にまで至ったのだ、ということに衝撃を受けたのでした。

いつも何気なく見ていた掲示板。
しかし、掲載されている犬猫たちはそれぞれに辛い状況を乗り越えてきているんだ、と気づかされたのです。
そして、その背後には保護された方の深い努力があるに違いない。

ハクも保護犬で、いつでも里親募集中がきっかけで出会いました。
でもそのときのわたしは保護主さんの覚悟やご苦労に気づきませんでした。
あの大きくてやんちゃなハクを動物愛護センターから引き出して保護して下さったんだから、そうとう大変だったに違いありません。
あらためて、保護主さんありがとうございました


そして…
実はわたしの近所にも気になっているワンコがいます。
ダンプカーの駐車場で繋留されているワンコ。
もう5歳くらいになるでしょうか。
オスの雑種で、痩せています。
毎朝ダンプの運転手さんがダンプを取りに来るときにエサをやって、たまに、運動のためか、鎖を外して放ちます。
ダンプのおじさんが休みの日にはご飯はどうしているのか…ぼろぼろの犬小屋で風雨は防げているのか…放浪していて事故が起こらないか…。
気になっています。
去年の秋、あまりにも寒そうに丸くなって寝ていたので毛布を持ってそのコのところに行きました。
ゆっくりと遠巻きにしながら近づいたのですが、とても怖がられてしまって、放り投げたジャーキーも食べませんでした。
毛布とジャーキーをそのコの鎖の届く範囲に置いて離れると、こっちを伺いながらジャーキーを食べてくれました。
そのコは今も、ハクの散歩コースにいます。
また次の冬も毛布を持って行こうと思います。

わたしから見たら辛い生活に思えるそのコは、鎖を外されて開放感を味わっているときでも、ダンプのおじさんが呼べば見たことないような猛ダッシュでおじさんの元へ駆け寄ります。

「それでも人を愛する犬」

でも、犬に甘えてばかりではいけないと、わたしは思います。


ハク

-6 Comments

pooh says...""
強い志を持った保護主さんがいて
優しいハク母さんに出会えてハクちゃんは幸せだね。
もっともっと、幸せな仔がふえてくれると良いね。

ダンプのおじさんも、犬に甘えていることに
気付いてくれると良いな。
2009.07.20 15:17 | URL | #- [edit]
Pan says..."こちらこそありがとう♪"
ハク母さんのこの記事を読んで、ハク母さんにプレゼントして
ホントによかったなぁと思いました。
「犬に甘えてばかりではいけない」っていう言葉、犬を飼う人
間がみんな心に留めておくべくだと思います。
アンニイさんのブログ、ご覧になったことありますか?
ぜひ、感想を送られるといいと思います(って、私は送ってな
いけど(^^;))
アンニイさん、犬や猫たちを保護することによって、逆にご自
分が生きるためのエネルギーを得ているのですよね。
「してあげる」ってことは、実は何かを「もらってる」ってこ
とで、一方通行の行為ってこの世には存在しないのかな、と思
います。
素敵な感想を書いてくださって、こちらこそありがとう!嬉し
かったです。
2009.07.20 21:29 | URL | #4jeLTJQM [edit]
ハク母 says..."♪poohさん"
ハクは本当に幸運でした。
保健所に直接持ち込みなので、即日処分もあり得たのに。
保護主さんやその他ハクに関わってくれた方みなさんに
感謝です!

わたしの住む地方は犬の飼育に関してまだまだ
未開の地って感じです。
なので、ダンプ駐車場のワンコの他にももっともっと
気になるワンコはたくさんいるんですよ…。
犬も寒かったり暑かったりするんだって、
それだけでも気づけば、もっと幸せワンコが増えると思うんですけどね。
2009.07.20 21:52 | URL | #- [edit]
ハク母 says..."♪Panさん"
わたしもこの本に出会えてよかったです。
読んでいて心が痛くなる部分もありますが、
それが真実だし、「それでも人を愛する」犬という生き物がますます愛おしくなりました。
アンニイさんのブログはまだ見たことないです!
感想…ちょっとはずかしい(笑)
まずはブログの方に訪問してみます。

>「してあげる」ってことは、実は何かを「もらってる」ってこと

ああ、その通りですね。
わたしもハクにしてあげてるつもりでも本当はエネルギーをもらっているんだと思います。
だからワンコとの生活はやめられないんですね!
犬を飼っている人みんながワンコから受ける恩恵に気付けたら
幸せワンコでいっぱいになるのにね。

あらてめて、Panくん、わたしを当ててくれてありがとう♪
2009.07.20 22:08 | URL | #- [edit]
ごうのお母さん says..."真摯でけな気"
おはようございま~す♪

今日は仕事の疲れが出ていてお休みをもらいました。
自宅でウダウダすごしています。
今、ごうにヨーグルトをあげて、じゃれあいました。
久しぶりに洋服を噛んできたり、しつこく舐めてきたり。
ごうが一杯愛してくれているというサインをくれました。

傍で見ていて可愛そうな生活をしているような子でも それでも犬は人を愛するんですね。犬って真摯でけな気な命ですね。
その命の愛に真摯にこたえる、そんな人間になりたいです。
2009.07.22 11:09 | URL | #TQJJvfrU [edit]
ハク母 says..."♪ごうのお母さん"
こんばんは。
一緒に遊んだり、ちょっとおいしい物をあげたり、
ごうちゃん家は日常に愛が溢れてますね!
わたしも今日はお休みだったのでハクを車に乗せて
近くの広場に行ってきました。
初めての場所で、ハクはそりゃもう喜んで、ぐいぐい進んでました(笑)
ごうちゃんもお母さんがお休みの日は「何かいいことあるかな~」って
ウキウキしてるんじゃないでしょうか♪

わたしも以前はいい飼い主じゃなかったですけど、
今はどうしたらいいのかだいぶわかるようになりました。
飼い主の中には悪気はないけど、結果的に犬に辛い生活を強いている場合もあるような気がします。
犬が何を求めているのか、人はどうすればいいのか、少しずつでも広まるといいですね。
2009.07.22 22:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://boromoufu.blog52.fc2.com/tb.php/173-0ae0e2fa
該当の記事は見つかりませんでした。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。