スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月12日杉並座学に参加しました

ずいぶん間が空いてしまいましたが、7月12日チャーリードッグスクールの杉並座学に参加しました。
テーマは「お散歩トレーニングQ&A」

9時〜12時という短縮版座学でしたが、なんと濃厚な時間!

私は、「散トレに出ると自分の犬に悪影響がある」とか「トレに出てみても何も教えてもらえない」とか、ブログに書かれていたり、話されていたりするのを聞くことがありました。

散トレではいったい何をやっているのか?
その疑問に答えてくれる、私たち飼い主自身が答えられるようになる、そんな座学でした。

私自身のまとめとして記事を書きます。
正確でない部分もあると思いますので、各自でお勉強していただくということでお願いしますm(_ _)m

散トレって、端から見ると何もしていないように見えます。
いわゆる犬のトレーニング的な、行動を強化するトレーニングはほとんどやりません。
マテをかけて、我慢させて、できたら褒める、とかもやりません。

でも参加している飼い主さん達は、とっても忙しく頭と身体を動かしているんですよね。


ハク


それぞれが様々なお悩みを持って参加されていると思います。
「犬を見ると吠える」「攻撃的になる」「人が怖い」などなど。
ちなみに私が初めて散トレに参加したときの悩みは「犬に攻撃的になる」でした。
ついでに「興奮すると私に噛みつく」も(^^;)
あの頃のハクは若かったー!!
(今回の座学でも成長過程のお話がありましたが、それを知っていればあの時ハクの中で何が起こっているのか予想できたので、私自身がもっとゆったりと対応できただろうなぁと思います。学びは偉大です。)

散トレではそれらの刺激の中でも大丈夫な経験をさせます。

そのために、まずは大丈夫な距離・環境を用意してあげる。
つまり刺激の量の調節を飼い主がしてあげます。

それはどうやるのかというと、犬さんにとって「怖いもの」と「大丈夫なもの」を一緒に提示します。(古典的条件づけの対提示)
すると、怖いものもだんだん大丈夫なものに変化していきます。

散トレの場はこれの繰り返しなんですよね。

いかに多くの「大丈夫なもの」を用意できるか。
抱っこはワンコにとって心地よいものとなっているか?(普段の何でもないときに抱っこして「安心」を条件づけているか、ということですね。)
リードは無意識に緊張する場面で張ってしまっていないか?
そもそも、飼い主は犬にとって安心な存在だろうか?
(飼い主の、叱る・ビックリする・慌てるなどの介入が犬の認知の歪みを作り出しているのかもしれません。これも古典的条件づけ。)

だから、私たちからの働きかけがすべていいものになるように、穏やかで安定した人になるために学ぶんだろうなぁ。

これらの共通の認識があって初めて散トレがリハビリの場として機能するわけですね。
基本的に自分の犬とのコンタクト重視。
お互いに距離を取る。
刺激量の調節に注意して、望ましくない行動を出させない。

トレーニングの場所だけでなく、いつでもどこでも取り組めるし、「今日より悪くなることはない」と希望が持てますよね。

また、「叱らない」は行動を止めないことではないのですよね。
望ましくない行動はしっかり止める、絶対行かせない。
お互いのスペースを尊重するために必要なことです。
その時の手法が人道的なものであるようにするために、「大丈夫なもの」をたくさん作り上げて、それを提示し、犬の感情をなだめ、そして望ましい行動に誘導する。


今回の座学で、自分がトレーニングの場でどう動いてきたか、これからどうしていけばいいのか、省みる良い時間をいただきました。

ご一緒したみなさん、チャーリーママさん、ありがとうございました!

スポンサーサイト

カッパ新調

ハク

お気に入りで3年くらい使っていたラフウェアのカッパがだいぶ犬臭くなって来まして(^^;)

じゃあ同じのをまた買おうと思ったら、新製品になっていてデザインが変わっていました!

帽子を便利に使っていたのに、新デザインでは帽子がなくなっていた。

それに、既製品を買うとハクは首が太いので結局直すことになるし・・・

ということで、自分で作りました。

ハク

ばあちゃんがため込んでいる防水生地もあったし、ハクのお洋服用の型紙は作ってあるので、それを使って夕方から夜までで。

ずっと「カッパが犬臭い、犬臭い、犬臭い・・・」と思っていたので、悩んでないでもっと早く作れば良かった。

ハクちゃん、なかなか似合ってるじゃん♪

宇都宮特別座学に参加して

6月26日、宇都宮☆特別座学に参加しました!

とっても良いお天気となったこの日、いつも宇都宮散トレでご一緒するみなさんが集まりました。
県外からの参加者が多い宇都宮、みなさん遠くからありがとうございます。

この記事は、すべてが座学の内容を反映しているわけではなくて、自分のまとめとして書いています。
なので私が理解したり考えたりしたこととして受けとってくださいね。

座学は動画を観ながら進められました。

座学
午後の写真。

初めに、「犬のボディランゲージを学ぶ意義」について各自話しました。
みんなの話を聞いて、チャーリーママさんからのメッセージは、「犬に伝えるために学ぶ」でした。
まずはボディランゲージから犬の感情を知る。それが基本。
犬が発しているものは犬にとって「いつも正しい」。
ただそれが間違いのこともある(犬の認知に歪みがあるということだと思います)。
その時に、犬に伝えるためにボディランゲージを使う。
伝え方を知らないと、人間は結果的に強圧的な訓練やリードショックに頼ることになる。

知るだけで止まらない。
犬がシグナルを発して、人が理解し、理解したことを人がシグナルを出すことで伝えて、それが犬に伝わって・・・そこまででコミュニケーションの完結ということですね。

フードアグレッシブのワンコの動画を観ましたが、対するトレーナーさんは犬のカーミングシグナルを無視して追い詰め続け、最後は噛まれてしまいます。
その間、犬はトレーナーさんを落ち着けようと次第に強いシグナルを出していきます。

犬がカーミングシグナルを出す意義はなんなのかというと、自分は退きますよ、ということを示していて。
だから上のワンコさんは、シグナルが通じないから自分を守るために噛むという行動に至ったわけです。

犬が「あっちへ行って」というシグナルを出したら、人間が十分な距離を取る、攻撃に至らせない、ということが大切なんですね。



お昼を食べて、午後は和室でした。

ハク
ここでなんの関係もないハクとアイスのツーショット。

和室に移動して、ハーネスを付けてみて、リード使いの勉強です!
窓がないことを密かに確認した私(爆)
これは部外者にはお見せできない、あやしすぎて(^^;)

リード使いは職人芸でございます。
自分の体で覚えて、技術を磨くのみ!

ハーネスを着けてみて、犬になって引っ張られてみました。
その苦しいこと!
リードを引いたままだと、ハーネスでも首が絞まって苦しいです。

だからぐっと張って止めたら即緩める。
ここで良いグッパーと悪いグッパーのデモ動画があるんだけど、どうしてもユーチューブにアップできないんです〜。できたら載せます。

そしてーーー!
なんとチャーリーママさんもハーネスを着けて犬役に!
「みんながどんなリード使いをしてるか体験してみる」って。

私もこわごわチャーリーママワンコさんのリードを持たせていただきました。
転移噛みしないかしら?なんて思いながら( ̄▽ ̄)

毒入り饅頭(仮想)に向かって突進するチャーリーママワンコさん、それを止めていきます。

あくまで私の場合ですけど、
ぐっと止めて、グッパーしながらリードをたぐり寄せ近づいていって、リードを垂直にして再度の突進防止と接触走性の解除、さいごチャーリーママワンコさんの横に立ってインターセプト。
この時に重心は足の両親指側で、いますぐにでも山に登れそうな感じ、またはスキーをするときの重心。(私の感覚です)
ワンコさんには「いい感じ」と言っていただきました(笑)

なぜリード使いを学ぶのでしょうか。
チャーリードッグスクールではリードが付いていてもオフリードのような歩行を目指しています。

きっと、オフリード感覚だと制限が少ないので、犬が自ら行動を選択でき、だから自制心が育ち、その結果犬が本来もつ平和的な解決方法(自ら退く)を選ぶようになる、という流れなのかなぁと思いました。

座学
ジ〜コタ母さん、良いグッパーと悪いグッパー体験中。


大爆笑のハーネス体験後も、まじめにお勉強は続きます(笑)
犬の成長過程、欲求階層、学習理論・・・

座学の終わりに、犬がレスキューされる動画をみんなで観ました。
ほとんどのワンコがおびえて、捕獲されないように逃げます。
でもいったん人の腕の中に入ると、ワンコたちは人に自分を委ねるんです。
その様子は、あきらめたとか、観念したっていうのとは違って、ホッとした様に見えます。
フツーに考えたら、知らない人に捕まえられたら、逃げようとして徹底的に抵抗しますよね。
でもそうじゃないんです。
なぜそうなるのかなぁって考えたんですけど、きっと、ワンコたちが吠えても噛む仕草をしても、人が恐れた様子を見せないからなのかなと思いました。
レスキューの方達はいつもリラックスしていて、身体に余計な力が入っていないように見えました。

今日の座学をぜんぶひっくるめた「犬はどういう動物か」という学びの末に、犬に対していつも穏やかでいられる人間になる。
その結果、このレスキューの方々のように、犬に自然に寄り添える人になるのかな。

そこまで学んで実行できたら、それってすごいことだと思うんです。
トレーナーさんと同じレベル、もしくはもっとなんじゃないでしょうか。
犬の世界を飼い主から変えていく、それが本当に現実になりそうです。

チャーリーママさん、ご一緒したみなさん、ほんと〜にありがとうございました<(_ _)>
夏の座学、秋の散トレでまたお会いできるのを楽しみにしています。

広告消さなきゃ(^^;)

更新しなかったら広告出てました。
まだブログやめてませんから〜(笑)

最近の写真です。

ハク
姪っ子ちゃんとお散歩(ちゃんと大人が見ています)
姪っ子ちゃんももう4歳。早いなぁ。

ハク
宇都宮駅のアイスをチェック!
このあと、しっかりと賞味しました。

ハク
ハク部屋へお泊まりのお客様。
ハクは落ち着かないかもしれないと思ってたけど、実際にはほとんどの時間ひっくり返って寝てました。

ハク
手焼きせんべい体験。
これは楽しい。日光へお越しの際はどうぞ。

ハク
いつものお散歩。

ハク
うちの前の川に蛍が住んでいます。
The田舎。
夜の「庭おしっこタイム」で外に行くと見られます。

ハクの楽しい毎日をお送りしました。

該当の記事は見つかりませんでした。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。