スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/27宇都宮お散歩トレーニング参加しました

3月27日、チャーリーママさんをお迎えして、宇都宮でお散歩トレーニングが開催されました♪

HP:チャーリードッグスクール
ブログ:私は社会化のドッグトレーナー

参加者は、
ギゼラママさん(単独参加!)
りき丸くん、ママさん
小次朗くん、コジママさん
ジジくん・コタロ〜くん、ジ〜コタ母さん
ハク、私
の5組でした。

この日は10時頃には雲が抜けて雨は上がる予報だったのですが・・・なかなかの降り方で(^^;)
風も強くてとっても寒く、幹事の私はこんな日にみなさんを引っ張り出してしまったと頭の中はプチパニックでした。
が!さいごには、やっぱり今日みんなで勉強できて良かったと心から思いました。幸せな時間でした。
ありがとうございました。


私の自己紹介は、いつも目標を発表しているのですが、濡れるのが嫌いなハクはかなり不機嫌。
なので、今日は楽しんで帰りたい、と大ざっぱな目標(笑)となりました。

基礎トレはいつもの「名前を呼んでおやつ」「マグネット」「オンリードのおいで」でした。

名前を呼んでおやつのデモは私がやらせていただきました。
チャーリーママさんの解説としては、
名前を呼んでおやつでついやってしまう間違った方法に、「何かをさせてから、おやつ」というのがあります。
例えばアイコンタクトとかオスワリとか。
こうすると、名前を良いものと条件付けるのではなくて、アイコンタクトなどの行動を強化してしまいます。
実践場面でも、吠えたときに名前を呼んで犬を側に来させておやつ、をやると吠えるところからの行動を学習してしまう可能性が高くなります。

古典的条件付けとしての名前を呼んでおやつをもっともっと深く考えたいですよね。
自分の行動を省みると、色々やっちゃってるよなぁーって思います。


次はコジくんとチャーリーママさんによるマグネットのデモ♪
散トレ

コジママさんはコジくんが指でつまんだおやつをがぶがぶするのがお悩みだそうです。
チャーリーママさんによると、おやつをつまんだ手の甲を上にするようにしてマグネットするとがぶがぶせずに誘導できるそうです。


次はジ〜コタ母さんとコタくんのオンリードのおいで☆
散トレ

もうかっこよすぎ〜!
解説は、名前を呼んでワンコがそれに反応してこちらを向くのと同時に人が背を向けて歩き出す、ということでした。
す、す、す、すばらしぃぃぃー!
師匠と呼ばせてください。

先生のお話で、お散歩トレーニングで行う基礎トレはどれもワンコちゃんをリラックスに導くためのものなのよ、ということでした。
そうですよね、私たちはワンコが何かできたから褒めるんじゃなくて、私たちからの働きかけ=おやつも声かけもリードで制御することも、ぜんぶ良いものと条件付けることでリラックスに導けるように取り組んでいるんですよね。


そして本日のメインイベント(笑)
「拾い食い防止トレ」
細い道で地面にまかれたおやつの上を通らないと通過できないという想定。
まずは自分の普段やっている方法でやってみて、各地のトレーニングを一回りしたら先生から解説があるそうです。

コジくんとママさんがんばってます(^^)/
散トレ

私とハクもチャレンジ♪
たまたま立っていたのがおやつの風上だったので、ハクちゃんおやつに気づかずにマグネットで通過。
みんな風下からだったのにそれじゃ不公平かなと思って(笑)私たちも風下からハクがおやつの存在に気づいたところで再チャレンジ!
おやつ目指して地面をクンクンしながら進むハクを、おやつの手前で止めて、名前を呼び、反応があったところでマグネットしながら通過しました。
私の中でのポイントとしては、リードを短く持ちかつ張らせない、そのなかで名前を呼び意識をインターセプトしたところでマグネットをターゲットにして「そうそう♪」でハクちゃんいい気分であらまぁいつの間にかおやつは通過しちゃったね、という感じ(^o^)

私の長年の悩み「拾い食い」・・・夏は乾燥ミミズ、冬は暗い時間しかお散歩できないので何食べちゃってるのかわかんない(爆)
ハクが初めて拾い食いをしたときのことをよく覚えてます。
食パン一枚を草の中から咥えて出てきたハクを私は大慌てでパンを口からほじくり出そうとしたのでした。
取られると思ってハクも慌てて飲み込みました。
あ〜あの時慌てないで対処していればなぁと思います(^^;)

先生の解説が楽しみです。



そしてこの日はリード使いもやりました。
トントンするリード使い。
ワンコの頭の向いた方向へリードをトントントンと流れるように誘導します。
突進しようとしたんだけど、「あれ〜いつの間にか別の方向来ちゃったよ」みたいなリード使いです。
ワンコの頭の向きを名前を呼んで変えてもいい。
ワンコは人の肩の動きを見て進行方向を決めているので、人がそちらに肩を向ける。

さらに後半、広場でリラックスさせるリード使いもやりました。
リハビリの歩行です。
匂い嗅ぎさせながら、リードはめいっぱい使って、しかもリードは感じさせないようなさばき、人が先行する。
コジくんがチャーリーママさんと歩いてくれたんだけど、広場半周でとてもリラックスしていました。
途中リードを持つチャーリーママさんに自発的にとてもニュートラルなアテンションを取っていましたよね。
素敵な歩行だったなぁ。


単独参加のギゼラママさん、おやつたくさんありがとうございました!
散トレ

ちなみにギゼラちゃんはジャーマンシェパードの女の子ですよ〜。
私シェパード大好きなんだぁ。
今度はギゼラちゃんにも会いたいな♡


そして、「そうそうゲーム」もやったんですよ。
犬役をギゼラママさん、人役をチャーリーママさん。
今回は難しいお題でしたよね!
何が正解か分からない、その不安な気持ち、犬は人間の言葉が通じないからきっといつもそうなのですよね〜。
犬目線になれる楽しいゲームです♪


りき丸くんとママさんも、そうそうゲームでお手を教えてみるというのをやってみました〜。
散トレ


今回の私のピカっとしたできごとは、オンリードのおいでが初めて「これだ!」という感覚がつかめたこと。
ハクが突進したときに名前を呼んで、今日教わったトントンするリード使いと、進行方向に肩を向ける、を実践したらハクがちゃんとついてきてくれた!
そうすることで、今は私はその行動を望んでいない、他のことをするよ、と誘導できます。
つまり叱らないで教えることができるんですよね。
この感覚、しっかり自分のものにしたいと思います。


散トレ

これだけ記憶して帰ってこられたんだから寒さで脳が動いてないようでも動いてるんですね(爆)
とっても有意義なトレーニングでした。
チャーリーママさん、ご一緒したみなさんありがとうございました!
またよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

ボロモウフがすごいんです

やってきました換毛期。

引っ張ったら引っ張っただけ抜けてしまうので、まだまだ寒さも続くようだし、毛を温存しています(^^;)

でもやっぱり楽しくて抜いてしまう。





そんな今日この頃、ハクもだいぶオジサンになったので、足を痛がったりすることがこの冬は何回かありました。

そんな時はお散歩は控えめにして、お家で遊ぶ。

ニーナ・オットソンの知育おもちゃでおやつ探しです。

ハクちゃん上手でしょう?(^o^)





最近読んだ本で、とてもおもしろかったのでご紹介します。


犬のココロをよむ――伴侶動物学からわかること (岩波科学ライブラリー)犬のココロをよむ――伴侶動物学からわかること (岩波科学ライブラリー)
(2012/11/08)
菊水 健史、永澤 美保 他

商品詳細を見る


犬ってなんてすごい動物なんだろうっていうことを表す実験がたくさん載っています。
「犬とは?」ということを知ることでぐぐぐっと犬に近づけるし暮らしやすくなりますよね。
私は好きな本です。

該当の記事は見つかりませんでした。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。