スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・あつい

あついあついあつい。

エアコンつけててもあつい!
関東北部のハク家であついんだから、街の人はどうなっちゃうの?

ハクの散歩も、夕方はコンクリートが熱せられてて近所は歩けないから、日陰の散歩場所へ車でお出かけ。
5分か10分歩いて、うん様が出たら、さ帰ろう~。

とにかく早く涼しくなるようにお願いしたい。

ハク
この写真はまだまぁまぁ涼しかった7月末の様子。ブルーベリー祭りが始まっています。


話は変わりますが、今年はノミダニ駆除剤をちょっと止めてみてます。
6月あたりに一回滴下したんだけど、その日に吐いちゃって。
これはちょっとまずいかもと思ってそれっきり付けてない。
なので今年は河原とか草藪とか、虫の付きそうな場所には行かないようにしてます。
散歩の後には全身よく拭いて、ダニを見つけたら即取る!
で、今のところ大丈夫です。

どうかどうか、虫さんハクに付かないでね!!

スポンサーサイト

ハクと初診の病院へ

今朝のお散歩中に、ハクの耳に何か入っちゃったみたいで、耳を傾けて頭を振り始めました。
でも気にするときと、ぜんぜん平気そうなときとあって、病院行った方がいいのかどうか迷っていました。
明日は私も仕事だし、掻いてしまってひどくなると良くないと思ったので、もしゴミがあれば取ってもらおうと病院に向かいました。
かかりつけの病院はお休みだったので、ハク家近くの初診の病院へ。

結論から言うと、結局耳の中は診てもらえなかったのです。
なぜかって、それは秋田犬だから。

受付の時点で看護師さんの様子がいかにも迷惑そうで、何度も「咬みませんか」と聞かれました。
「咬みません。どの病院でも大丈夫でした。」と伝えたのに「本当ですか?本当ですか?秋田の子は怖がりな子が多いから~」って。
診察室に入っても獣医さんも看護師さんもハクの半径1m以内に近づいてこないし。

もし高さのある診察台だったら私一人じゃ乗せられないから、ハクの体重も量れないじゃんか!
そんなのってありなの(^^;)

獣医さんも最初から耳の中を見る器具でゴミを探すつもりはなかったみたいで、診察室に入ってきた時から耳掃除の液剤と綿棒をトレーに載せて持ってきていました。
獣医さんは私に「お口をしっかり掴んでいて下さい」と告げて耳に液剤をちょこっと入れて綿棒でくりくり。
ちょっとでもハクが顔を動かすと、ひゃっと手を引く。
取り出した綿棒の先を見て「ああ、少し汚れていますね。外耳炎でしょう。」
3日分の炎症止めの薬を出されて、「あとはかかりつけの病院に行って下さい」と。

・・・よくそれで獣医の看板が出せるもんだと、愕然としました。
本当に危険を感じるんなら、マズルガードをかけて淡々と診察すればいいだけじゃないですか。
それがあなたの仕事でしょ。

ハクはお医者さんの診察はどんなことをされてもじっと受け入れるので、本当に大丈夫なんです。
病院に行くのもだいぶ慣れてきて、院内でもほとんどずっと笑ってたんだけど、お医者さん達にはそれを読むことができないのでしょうか。

まったくもって信じられない出来事でした(-_-)
今日の診察料金はいったい何だったんだろう・・・

体重28.95kg

ハク
みんなでイチゴ摘みの写真

でも、今回のことで考えさせられたなぁ。
だって「秋田」ってだけでそれほど恐れられるなんて、よっぽどそのお医者さんは咬まれてきた訳なんでしょう?
咬んだワンコは、きっと獣医さんに社会化するチャンスも与えられない生活だったんだろうなぁ、とかね。
なんだか切ない。

ステロイド剤始まりました。

ハク

毎年この時期、カイカイがひどくなります。
11月~2月くらいまでかな。

草の種が毛の中に残ってしまうのがいけないのではないかと思って、まいにち入念に取っていたし、種が付きそうな所へは入らないように注意していたのですが、それでもカイカイが来てしまいました。

お世話になっている病院で診察してもらい、状況をお話しして、「何か飛んでるのかなぁ」と。
花粉症と同じように何かの植物に感化されてかゆくなってるのではないか。
それプラス乾燥してるのでかゆみの閾値が下がってるから。

結果としてはステロイド剤を使っていきましょう、ということになりました。
ずっと使うんじゃなくて、休薬(っておっしゃってたと思います)しながら、2月ごろにカイカイが治まる時期まで。
例えば1週間使って、そのあと1週間休んで、またぶり返してきたら1週間服用する。

今は「5分に一回くらい猛烈に掻きます」と伝えたら、「それは相当かゆいですね」ということで、10日間飲んでまずはしっかり抑えていきましょう、ということになりました。

私も必要な範囲でお薬を使っていくことには賛成ですし、ハクも体が楽そうなのでとりあえずホッとしています。

体重29.15kg

9月の通院

フィラリアの薬と、ノミダニの薬をもらってきました。

体重29.9kg

なんとなく病院も慣れてきたような感じ^_^
今まで「病院だ!!」って気づくと車から降りようとしなかったけど、今日はスパッと降りた。
そして、病院の扉まで普通に歩けた!
院内に入るのは抱っこで行きましたけど(笑)

このまま順調に病院慣れできるといいな。


その後、姪っ子ちゃん&ママとお散歩しました。

ハク

県内の美術館。
すごくいい散歩道でした。
でも今の時期、イガ栗が落ちていてハクも2回踏んで飛び上がっちゃった。
かわいそうに。
でも怪我はしてなかったからよかった。

9月の下旬なのに暑くて、私は汗だくでした。
今年はどうしちゃったのかなぁ?

夏の間、あまりの暑さに近所のアスファルトは散歩できなくて、夕散歩は車で涼しそうな場所に行ってます。
先日もハク家では水車小屋と呼んでいるちょっとした遊歩道へ車で行ったのです。
その日も暑くて、「これじゃ排泄だけでハクはすぐ帰るって言うかな?」と思っていたのですが、着いてみるといつもと違う方向へ「行こう、行こう」と止まって振り返る合図をするんです。
ん~どこ行くのかな?とついて行ってみると、道を2度曲がって近くの駄菓子屋さんへ。
そこの駄菓子屋さんは超昔ながらの雰囲気で、入り口からご家族の茶の間が見えるんですね。
どうやらそこにみんなが集まってるのを覚えていて(でも話したこともないんですけど)そこに合流したかったらしい。
かわいいね、とか声を掛けてもらって満足して帰ってきました^_^;

ハクって、散歩も計画立てて歩いてるらしくて、私がそれに反した道を行こうとするとすんごい抵抗します。
頑固でめんどくせーと思うけど、それもハクらしいのか。。。

8月の通院

今月のフィラリアの薬をもらってきました。
体重30kg
心音も異常なし。

ハクは秋から冬の初めにかけてカイカイの季節になります。
アレルギー検査はしてないからわからないのですが、なんとなくイネ科植物の種か何かが原因のような、気がする。。。
掻き壊してしまうくらいかゆくなっちゃうので本当にかわいそうなのです。
今年はどうなるかなぁ。
できるだけ軽く済ませてあげたいです。


通院の後、ひさび~さにノアちゃんとふうすけさんと合流。

ハク

ノアちゃんとの対面早々、ハクが「ウワン!」と一声ノアちゃんにご挨拶(^^;)したのですが、それをスルーのノアちゃん。
ハクより大人なの~

涼しくなったらまたお散歩しようね。
今日はありがと♪

ハク

このカテゴリーに該当する記事はありません。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。